賃貸オフィスを借りるコツ教えます|ビジネスを成功させる秘策

経緯と傾向

空室率の低下により賃料の下げ止まりが見られる

賃貸オフィスへの需要はこれまでの経緯を見てみると、回復基調を辿っています。空室率が高い時に行われていたフリーレントは陰を潜めて来ています。引越し費用や内装工事の負担ということは皆無に近くなっております。現在、賃貸オフィスの計画もあまり多くは無いので需給が大幅に変動するとは思われませんので賃料については今後上昇傾向を示すものと思われます。都心の一等地ではミニバブル時の10万円ということはないにしても一時の4万円台ということは無くなりそうです。

今後の賃料の上昇は外資系企業の日本進出如何である

観光立国日本を謳って久しくなりますが、東京オリンピック・パラリンピックの誘致決定を追い風にして訪日する外国人の数の増加が目立つようになっております。行政サイドでも特区の指定によって開始系企業の日本進出を促しております。都心の一等地の賃貸オフィスは珍鳥が高く設定されているため、負担能力のある外資系企業は有力はテナント候補です。日本企業の中にも企業業績の改善を踏まえて賃貸オフィスの拡大や交通の便の良い都心への進出をする企業が増えています。都心立地は現在厳しくなっている新卒採用にも有利に働くというメリットがあります。特に新興の企業にとっては大型ビルのワンフロアーを借りることによってコミュニケーションが格段に良くなるというメリットもあります。需要の旺盛さが続けば賃料は引き続き上昇を続けることが予想されます。