賃貸オフィスを借りるコツ教えます|ビジネスを成功させる秘策

歴史がある

江戸時代が終わり、明治時代になると文明開化と共にその街並みも大きく変わってきました。街には西洋のビルが建ち始め、農業社会が徐々に組織化した企業に変化をしていきます。特に戦後はその変化は目覚ましいもので、農家の長男でもサラリーマンになるということが多く、第一次産業は急速に縮小していったのです。それに伴い会社自体が増え始めたことから人々の住む住宅の供給と同時に、会社が利用する貸事務所も増えていくことになったのです。家賃が高いことが貸事務所の欠点といえます。

これに対して、バブル崩壊後は大手企業も倒産するなどそれまでとはまるで違う世の中の流れになってきました。特に増えたのが小規模のベンチャービスネスや個人事業です。今まで会社員をやっていた人が会社では将来性がないと感じ独立をする人が増えてきた結果です。これによって、その職場も比較的コンパクトな場所が好まれるようになりました。そこでレンタルオフィスが注目されます。レンタルオフィスは貸事務所と違い、机や椅子、オフィス機器などの空間を借りることができるため、機動力や必要な企業や1〜5人ぐらいの小規模企業、個人事業主にとっては最良のスペースとなったのです。一部屋にいくつかの仕切りがあって様々な業種の人がいるのがレンタルオフィスの特徴です。